企業情報

ごあいさつ GREETING

from PRESIDENT

ごあいさつ

お客様のために、そしてより良い社会のために、
メイティックスは、アイデアと技術で挑戦し続けます。

メイティックス株式会社(旧株式会社松川鉄工所)は、大正10年に窯業機械製造を手掛ける製瓦機のメーカーとして創業いたしました。以来、繊維機械などの各種工作機械の製作を経て、長年培ったノウハウ、そして最先端の情報・技術を駆使し、現在、自動車部品をはじめとするさまざまな分野での異形物切削メーカーとして、確かな成長を続けております。

近年の世界的な経済状況の激変により、自動車産業に携わる私たちへのニーズも急速に高度化し、変化し続けています。このような時代の中、お取引先さまのご要望にいかに迅速に、かつ確実な技術でお応えできるかが、今後のメイティックスの企業生命をかけた重要なテーマと考えております。2001年に設立しました海外子会社『MATIX Corporation of America』では、海外でのお取引先さまとの信頼関係を構築してまいりました。このことは、メイティックスの物づくりに対する姿勢が世界でも認められたことを示していると確信しております。アイデアをかたちにする創造力と、『技術のメイティックス』と呼ばれるに値する技術力を、今後も一層高め保持すべく、お取引先さまとのより良い関係のため、努力を重ねてまいります。

さらに、メイティックスは地域に根ざした企業活動を通して、社会への発展に貢献する企業を目指しております。経営理念の一つにあるとおり、人を育てることは企業にとって重要な課題です。社員一人ひとりの活躍が、メイティックスのさらなる飛躍をもたらし、いずれ地域や社会への繁栄につながる源を創出していくものと考え、常に前進し、挑み続けます。皆様のより一層のご支援とご指導をお願い申し上げます。

メイティックス株式会社 代表取締役社長

松川 泰三

企業ビジョン CORPORATE VISION

経営理念

『人』・『アイデア』・『製品』の質を極めたモノづくりで、豊かな未来を創造し、広く社会に貢献する。

経営理念

メイティックスが求める3つの『質』

■人の質を高める教育に、積極的に取り組みます。
■アイデアの質を磨き、ひととものをつなぎます。
■メイティックスだからこそできる製品の質を向上し続けます。

スローガン

融和・努力・ファイト

『人』・『アイデア』・『製品』の質を極めたモノづくりで、豊かな未来を創造し、広く社会に貢献する。

社名の由来

社名の由来

松川の長い歴史を通じて培ってきた技術と人材を引き継ぎながら、メイティックス株式会社はさらなる飛躍を求め、前進し続けます。

会社概要 OUTLINE

応える頭脳。生み出す技術。
ニーズを満たし、さらに上を行くアイデアがある。それがメイティックスのインテリジェンス&テクノロジー。

ハイレベルな要求、困難な課題、それらをクリアするために必要なのは明晰な頭脳[インテリジェンス]と卓越した技術[テクノロジー]。柔軟な発想と蓄積されたノウハウを注ぎ込み、ニーズを100%満たすのはもちろん、さらに上を行く製品づくりを提案し続けることが、メイティックスの不変のポリシーです。

ハイクオリティ、トータルコストダウン、そしてクイックデリバリーを常に念頭に置き、「メイティックスなら何とかしてくれる」。そんなお客さまの声に、私たちはインテリジェンス&テクノロジーで確実に応えていきます。

会社名 メイティックス株式会社
所在地 〒444-0397 
愛知県西尾市中畑町安左東18番地
TEL 0563-59-6050(代) 
FAX 0563-59-1390
創業 大正10年11月
会社設立 昭和33年3月
資本金 4,800万円
代表者 代表取締役社長 松川 泰三
規模 敷地:37,319平方メートル
建物 23,319平方メートル
従業員 260人(男子230名、女子30名)
海外子会社 MATIX Corporation of America(米国テネシー州)
主製品 クランクケース
オイルパン
シリンダーヘッドカバー
エクステンション・ハウジング
ディファレンシャル・キャリアーほか
各種自動車部品および
各種専用機械
主納入先 アイシン精機株式会社
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
アイシン高丘株式会社
株式会社デンソー
株式会社荏原製作所(稲垣工業株式会社)
取引銀行 三菱UFJ銀行
三井住友銀行
商工中金
碧海信用金庫
岡崎信用金庫
西尾信用金庫
愛知銀行
十六銀行
名古屋銀行
大垣共立銀行
百五銀行
三井住友信託銀行
日本政策金融公庫
本社社屋

本社社屋

新工場

新工場

小井戸工場

小井戸工場

テクニカルセンター

テクニカルセンター

MATIX Corporation of America(米国テネシー州)

MATIX Corporation of America
(米国テネシー州)

組織体制 ORGANIZATIONAL

組織図

役員

取締役会長 松川 純子
代表取締役社長 松川 泰三
取締役 松川 ゆかり
取締役 松川 容子
専務執行役員
社長補佐、業務部、品証部担当、
QMS、EMS責任者
TQM推進室担当
岡田 昌也
執行役員
生産部・技術部担当、経営企画室担当
佐久間 俊光

MATIX Corporation of America 出向者

社長 山田 慎二
コーディネーター 伊藤 智文
コーディネーター 稲垣 良規
コーディネーター 荒川 元基
コーディネーター 久村 俊介

沿革 HISTORY

大正10年11月 松川与郎(故)会長が窯業機械製作を始め、製瓦機メーカーとして松川鉄工所をスタートする
昭和6年4月 (株)豊田自動織機製作所の繊維機械を手掛ける
昭和8年9月 工作機械の製作に進出し、セーパー、ボーリング、平削盤などの大型機械を手掛ける
昭和21年2月 (株)豊田自動織機製作所の協力工場として、紡機の加工・仕上・組立・塗装の一貫作業を開始する
昭和28年5月 新川工業(株)(現:アイシン精機(株))の自動車部品と、豊田工機(株)の専用機部品ユニットを受注し、製作を開始する
昭和33年3月 株式会社に組織を改める
昭和36年5月 強力なセーパーやフライスユニットなどを自社開発し、業界にアピールする
昭和38年10月 トヨタ自動車部品部門の拡充のため、第三次までの約3,900平方メートルの工場拡張を行う
昭和44年8月 名古屋市中小企業育成会社の投資指定会社となり、同投資により資本金4,800万円になる
昭和45年 福利厚生施設として福祉センター、清和寮を完成する
昭和49年4月 数値制御装置付の機械類を導入する
昭和49年7月 日本電装(株)(現:(株)デンソー)との取引を開始する
昭和54年10月 プレス加工および溶接部門の導入をはかる
昭和55年11月 第四工場を増設する
昭和60年2月 第二工場を増設する
平成元年2月 本社新社屋新築
平成2年7月 小井戸工場第1期工事完成
平成3年8月 創業70周年記念ハワイ旅行実施
平成4年7月 小井戸工場第2期完成
平成7年 TQC活動社長宣言
平成8年5月 創業75周年記念オーストラリア旅行実施
平成9年 真空ポンプ部品(エバラ向け)量産開始
平成10年11月 MZオイルパン量産開始
平成11年12月 自動車部品(機関部品・駆動部品・伝導部品)の製造に関するISO9001認証取得
平成12年1月 マグネシウム製シリンダヘッドカバー量産開始
デンソー製U2P高圧噴射ポンプ部品量産開始
平成12年6月 第四工場を増設する
平成13年2月 MATIX Corporation of America設立(米国テネシー州)
平成13年5月 創業80周年記念ハワイ旅行実施
平成14年2月 MATIX Corporation of Americaでエンジン部品生産開始
平成14年12月 ISO14001 認証取得
平成15年4月 MATIX Corporation of America フェーズ2工場増築工事完了
平成15年9月 MATIX Corporation of America ISO9001 2000年度版取得
平成16年10月 社員旅行 神戸経由有馬温泉
平成18年2月 Matsukawa Advance Club 設立
平成18年8月 Rクランクケース量産開始(プリウスエンジンなど)
平成18年11月 創業85周年記念北海道旅行
平成19年3月 MATIX Corporation of America AWアダプタ、B800量産開始
平成19年6月 3D CAD導入
平成20年6月 AR系エンジン量産開始(2.5ℓ、2.7ℓトヨタ主要エンジン部品)
平成20年12月 AR系エンジン第2ライン 日・米同時立ち上げ
平成21年8月 ハウジングコンバータ量産開始
(VW、アウディ、ポルシェなどの8連AT部品)
平成23年2月 『メイティックス株式会社』に社名変更
平成23年11月 創業90周年記念式典を開催
平成24年4月 創業90周年記念ハワイ旅行実施
平成24年6月 テクニカルセンター開所
平成25年3月 MATIX Engineering Thailand(MET)を設立(タイ チョンブリ県)
平成27年7月 ドアヒンジ量産開始
平成27年10月 TNGAクランクケース生産開始
平成28年3月 高浜工場 稼動開始
平成30年12月 MATIX Engineering Thailand(MET)閉鎖

本社アクセスマップ ACCESS

所在地 〒444-0397 
愛知県西尾市中畑町安左東18番地
TEL 0563-59-6050(代) 
FAX 0563-59-1390
お車でお越しの方
東京方面より
【東京方面より】
 ▼ 東名高速道路
【岡崎IC】
 ▼ 県道44号線経由 23.4km
【本社】
お車でお越しの方
大阪方面より
【大阪方面より】
 ▼ 名神高速道路
【草津JCT】
 ▼ 新名神高速道路 51km
【亀山JCT】
 ▼ 東名阪自動車道 23.1km
【四日市JCT】
 ▼ 伊勢湾岸自動車道 18.8km
【飛島IC】
 ▼ 伊勢湾岸自動車道 / 名港トリトン経由 17.5km
【豊明IC】
 ▼ 県道23号線経由 22.7km
【本社】
電車でお越しの方
名古屋方面より
■JR名古屋駅から
【JR名古屋駅】JR東海道本線新快速・豊橋行
 ▼ 18分
【名鉄刈谷駅】名鉄三河線
 ▼ 25分
【名鉄碧南中央駅】タクシー
 ▼ 約12分
【本社】

■名鉄名古屋駅から
【名鉄名古屋駅】名鉄名古屋本線快速特急・豊橋行
 ▼ 20分
【名鉄知立駅】名鉄三河線
 ▼ 32分
【名鉄碧南中央駅】タクシー
 ▼ 約12分
【本社】
電車でお越しの方
豊橋方面より
【名鉄豊橋駅】名鉄名古屋本線急行・名鉄岐阜行き
 ▼ 30分
【名鉄新安城駅】名鉄西尾線・西尾行き
 ▼ 22分
【名鉄西尾駅】タクシー
 ▼ 約12分
【本社】