採用情報

グローバルで働く 活躍できるステージを語る

"やりたい仕事を仕事にする"その想いが仕事への情熱の素になる

が入社後に配属になったのは製造の現場でした。当初から機械設備の保全業務に関心があり、いつか実務として関わりたいとずっと思っていました。そして現場での業務を10年間経験した後、生産課という部署に異動となりました。

生産課に入ってからまず担当したのが、念願だった設備保全業務。やっと本格的に保全業務に関われると思うと本当に嬉しかったです。この時期にかなりスキルを伸ばすこともでき、とても充実した3年間でした。その後、生産課のもう一つの業務である生産性向上の業務を担当し、社外での研修などを経験しながら、広い視野での生産性向上のためのノウハウを学びました。

こうして、現場での製造、設備の保全、生産性向上のための業務をひと通り経験した後、2005年にメイティックス・コーポレーション・オブ・アメリカへ改善活動のメンバーとして初めて現地に赴き、その後3年間は、1年の内の半年をアメリカで過ごす日々が続きました。2008年からは本社にてARラインの立ち上げ、マネジメント業務や原価管理を経験し、2011年に子会社であるメイティックス・コーポレーション・オブ・アメリカの社長に任命されました。

言葉は違っても、"相手を思い、伝えること"で、コミュニケーションを円滑に。

イティックス・コーポレーション・オブ・アメリカでまず感じたことは、仕事面、生活面ともに、時間の流れがとてもゆっくり流れていること。「大らか」のひと言に尽きます。以前渡米していた頃からずっと思っていましたが、アメリカは自分に合っているな、と思います(笑)。確かに初めは、言葉の違いからコミュニケーションがうまく取れるか不安もありました。ただ、私の場合は、アメリカに対して抵抗感といったものが少なく、スムーズに溶け込めたところがよかったかもしれません。やはり根本的には言葉そのものよりも、相手に対する姿勢だと思います。もちろん、ある程度の英会話能力は必要だと思いますが、仕事をするのは同じ人間同士であり、仕事を通して自分の気持ちが相手に伝わるものだと思います。

メイティックスで働くことの魅力は、“自分のアイデアを発信して、かたちにすることができる”こと。年齢や性別、キャリアに一切関係なく、チャレンジする人たちには平等にチャンスが与えられる会社です。そして大切なのは仕事への情熱。私もメイティックスに入社して21年が経ちましたが、純粋に仕事が好きで楽しんでやっています。それは仕事への情熱があるからこそ。そんな熱い思いを持った人には、メイティックスはずっと楽しめる会社だと思います。

社長 山田慎二 MATIX Corporation of America